だいたいの話、酵素ってなんやねん?って思っている人も多いと思います。

発酵食品がブームになっているのは有名な話ですよね!

発酵食品には、酵素がたっぷり入っているんですよ。

酵素ってめちゃめちゃ種類があって、それぞれ食べたものを消化して吸収し、代謝して生命活動すべてをサポートしているんですよ。

極論を言えば、酵素がなくなれば人は死んでしまうんです。

この酵素、年齢とともに体で作られる量というか種類というか・・・が減っていってしまうというんです。

若いうちはまだいいんですよ。

問題は20代後半くらいからなんです。

この辺りから、どんどん体で作られる酵素「体内酵素」とか「滞在酵素」とかいうんですけど、この体内酵素が作られる量が減っていってしまうんです。

体内酵素は、消化と代謝をするために働く酵素で人間が生きていくためになくてはならない存在です。

おもに消化酵素と代謝酵素に分類されています。

体内酵素は2万種類ほど見つかっているようですが、まだ全容はわかってないようです。

消化酵素は1種類につき1つしか消化することができないので、例えばもし脂肪分解酵素リパーゼが減ると肉などの脂肪をたくさん分解することはできなくなり、以前と同じように食べていると胃もたれを起こすことになります。

経験したことがある人も多いと思いますが、年齢を重ねると肉や揚げ物を受け付けなくなるって話はよく聞く話ですよね。

最近、さっそく胃もたれを起こしたので胃腸薬を飲みました。
胃腸薬にリパーゼが配合されていたので、これは揚げ物の油を分解してくれるだろうという思いで飲みました。

案の定!
効果はてきめんで、飲んで20分くらいで胃もたれが治りました(*´▽`*)

体内酵素は減らないっていう意見もちらほらあるんですが、どうしてもそれは納得できないんですよね。

私、揚げ物と霜降りのお肉、あまり食べられないんです。

それで、油断するとひどい胃もたれを起こすんです。

でも、リパーゼが配合されている胃腸薬を飲めばスゴイ楽になるんです。

実際はわかりませんよ!

でも、実体験で体内酵素は減るって確信しているんです。

だから、酵素がたくさん入っている納豆やキムチ、生野菜をたくさん食べるようにして、自分なりに体内酵素をサポートしているんです。

刺身とかもいいんですけど、刺身は小さい頃サーモンの寿司を食べて食あたりを起こしたため、一切食べれなくなりました。

みんなに、人生損しとるって言われるけれど、食べれないものは食べれないんです。

でも、エビやタコ、イカは大好きなんです(●´ω`●)

生で新鮮であるほど酵素はたっぷり入っているので、元気で健康な毎日を送るために酵素は欠かせませんね!